【ご質問に答えます】LumaFusionで動画に内蔵されている音声を編集する方法

LumaFusion 動画内音声 編集,Apple

LumaFusionの使い方について読者の方からご質問をいただきましたが、コメント欄で回答するのはちょっと分かりづらそうだったので記事を作成しました。ですのでこの記事は短いです

LumaFusionは音声を含んだ動画をタイムラインに配置すると、音声+動画の複合素材クリップとしてひとまとめになって配置されます。そのため、この複合素材の音声だけを編集したい! という時に方法が分からないことがあるかと思います

今回はそんな疑問にお答えする記事です

スポンサーリンク

LumaFusionは動画内音声だけを編集することも可能です

いただいたご質問はこちらです

前に1度MacBookのimoveiで動画を作ったことがありました。
その時に、動画のある部分だけ 音声を消したり出来たんですが
lumafusionでは画面と音声が一緒になっているので それが出来ないんですね
どうしたら可能でしょうか

LumaFusionではもちろん、こうした編集も可能です。基本的にiMovieにできてLumaFusionにできないことは無いと思ってもらって大丈夫です

以下の2通りのアプローチが考えられます

  1. 動画に内蔵されている音声を部分的に消音する
  2. 動画と音声を切り離して、音声クリップを編集する

スクショをお見せしながらでないとちょっと解説しづらいので、それぞれについて説明していきます

動画に内蔵されている音声を部分的に消音する

まずは1つ目の方法です。今回は例として、音声の最初の一部分だけ音を消してみたいと思います

LumaFusion 動画内音声 編集,

タイムラインに動画素材(音声を含むもの)を配置したら、クリップをダブルタップして編集画面に入ります

LumaFusion 動画内音声 編集,

編集画面に入ったら、下段に並んでいるタブから「オーディオ」を選んで下さい

LumaFusion 動画内音声 編集,

シークバーをスワイプして、音を消したいポイントの直前(1フレーム前)に編集点を合わせます。そうしたら「キーフレーム追加アイコン」を押してキーフレームを打ちます。画像ではアイコンの形が変わっていますが、元々は白丸に+マークのアイコンです

LumaFusion 動画内音声 編集,

画像にある「ネクストフレームアイコン」をタップして、次のフレームへ移動します。そうしたら右側の「ボリューム」のスライダーをいちばん左(-90dB)まで振り切ります

LumaFusion 動画内音声 編集,

これで、その直前までは普通になっていた音声が唐突にプツっと消えます。画像を見ると、ボリュームが下がっているのがわかるかと思います

この例のように部分的に音をプッツリ消したい場合には、音消したいフレームの直前にボリュームを変化させていないキーフレームを打っておくのがポイントです

キーフレーム間は滑らかな変化になりますので、このように編集しないと音を消したいフレームに到達するまでに徐々にボリュームが下がっていくという音量変化になってしまうからです

ということで、音声を復活させたいポイントも同じように編集します

LumaFusion 動画内音声 編集,

音を復活させたいフレームの直前(1フレーム前)にキーフレームを打ちます。その後「ネクストフレームアイコン」をタップしたら「ボリューム」のスライダーを0dBまで戻せば、また音声が回復します

画像の赤枠で囲った窪んでいる部分だけ音が消えたということですね

以上が動画中の音声を編集する方法です。ただこの方法はキーフレーム操作に慣れている方向けですので、実はあまりおすすめしません

もし音声クリップタイムラインに余裕があるのなら、次の方法が簡単でおススメになります

動画と音声を切り離して、音声クリップを編集する

2つ目の方法は基本的な音声の編集になります。動画中の音声を編集したい! というのとは少し違うかもしれませんが、ご質問者の方の要望にはこれでも十分に応えられると思います

先ほど同様、音声の最初の一部分だけを消してみたいと思います

LumaFusion 動画内音声 編集,

タイムラインに動画素材(音声を含むもの)を配置したら、画像赤枠のアイコンをタップします

LumaFusion 動画内音声 編集,

すると音声が含まれた動画を、動画と音声という個別のクリップに分離することができます。こうなれば、あとはいつもと一緒です

LumaFusion 動画内音声 編集,

音声を消したい箇所の始まりと終わりのポイントを「ハサミツール」で分割します

LumaFusion 動画内音声 編集,

消したい部分を選択して「ゴミ箱アイコン」をタップすれば、その部分だけを消すことができます

この方法のほうが簡単ですので特別な理由がない限りはこちらをおすすめします。特別な理由とは例えば、音声クリップ用タイムラインを効果音などで6本全て使ってしまっているようなケースなどですかね

おわりに

ご参考になりましたでしょうか? 疑問が解決したなら幸いです

他の読者の皆様も、もしLumaFusionの使い方でお悩みがあればどうぞお気軽にご質問下さい。可能な限り全てのご質問に答えていきたいと思っています

また、今までにいただいた質問(Youtubeが多い)には全て回答させていただいていますが、ちょっと分かりにくいところもあるかと思いますので、ご質問への回答集という動画解説を作成予定です。構想だけはずっとあったのですが、なかなか出来ず申し訳なかったです……

今後とも当サイトをどうぞよろしくお願い致します

コメント