WoWLAN(Wake on Wireless LAN)で、Wi-Fi接続の自宅マシンをネットから起動

Wake on Wireless LAN 設定方法 TIPS

外出先からでも自宅のPCを遠隔操作可能なリモートデスクトップ
通信速度や通信量の問題は置いておいて、とりあえずとても便利です

そんなリモートデスクトップでまず誰もが思うのが、自宅PCの電源を遠隔地からON/OFFしたいということではないかと思います

外出先からリモートデスクトップ先PCの電源をON/OFFすることは難しくありません
しかし、もし自宅のPCがLANケーブルによる有線接続ではなく、Wi-Fiルーター等によって無線でネットにつながっていたら…ハードルは一気に上がります

 

有線による詳しいWOLの設定方法はこちら

【連載第3回】iPadを最高のモバイルPCにする WoL(Wake on LAN)でどこからでもPC起動~前編~
この記事ではリモートデスクトップに必要な「Wake on LAN」について、戸惑いやすいポイントを中心に分かりやすく解説しています。iPadを快適なモバイルPCにするための連載の一環ですが、WoLを行いたい方であれば同様に参考にできると思います

の記事に書きました

iPadの方向けですが、AndroidやWindows PCでもそのまま参考にできる内容となっていますので、通常のWoL(Wake on LAN)の設定方法はそちらを見ていただくとして、ここでは補足的に

有線LANじゃなく無線LAN(Wi-Fi)でWake on LANをしたい!

という方へ向けた解説をしたいと思います

スポンサーリンク

無線LANでもWake on LANは使えるのか?

結論から言うと「使えます

ただしこちらは無線LANのネットワークボードが対応しており、シャットダウン時でもマザーボードのネットワークモジュールに電源が供給されていることが条件となります

あまり無いケースかもしれません
というかまず無理で、別途有線を無線に変えるコンバーターWi-Fiの中継器があればいけるかも、といった程度の話になります

しかしそうした機器がなくても、スリープ状態からなら起動させられる場合が多いです
ということで、無線LANでのWake on LAN(Wake on Wireless LANといいます)はスリープ状態で運用するのが基本となります

これはPCの電源の状態が関係してるんだよ

電源状態はこんな風に分類できるんだ

  • S0:稼働
  • S1:省電力状態
  • S2:省電力状態(CPUへの給電オフ、チップセットは給電オン)
  • S3:スリープ状態(メモリには給電されている)
  • S4:休止状態、高速スタートアップを有効にした状態でのWindows10のシャットダウン状態
  • S5:シャットダウン状態(完全シャットダウン)

S3状態までは給電されてるんだね

だから無線LANによるWoLも可能なのかぁ

WoWLANをする際の追加設定

環境を工夫すればWoWLANは可能ですし、それが難しくてもスリープ運用ならWoWLANが使えることが分かりました

ここからは通常のWoL設定に加えての追加設定の方法を解説します
有線WoLの知識が無いと「何を言ってるか分からねぇ」となると思いますので、意味が分からない方はWoLの解説記事 を先に読んで下さい

 

まず基本的な設定として、ホストPCは無線でネットに接続していますので、ネットワークアダプタの設定の際にLANポートではなくWirelessネットワークのプロパティを設定してやればいいということになります

が、一つだけ追加で設定していただく場所があります
それがこちら

Wake on Wireless LAN 設定

「コントロールパネル」→「ハードウェアとサウンド」→「電源オプション」と進んで電源プランを表示します
ピンクで囲った使用中の電源プランの「プラン設定の変更」を選択します

Wake on Wireless LAN 設定

詳細な電源設定の変更」を選択します

Wake on Wireless LAN 設定

詳細設定の中の「スリープ」の項目から「ハイブリッドスリープを許可する」を選んで設定を「オフ」にして下さい

ハイブリッドスリープというのはスリープ(S3状態)と休止(S4状態)のいいとこどりで、中断からの高速な復帰+低消費電力を実現した一歩進んだスリープとなっています

しかし、電源の状態はS3とS4の中間――S3.5とでも呼べばいいのか?――な状態になってしまっており、無線LANからのWoLを受け付けなくなってしまうのです

ということでWake on Wireless LANの場合にはこの

「ハイブリッドスリープをオフにする」

という作業が増えますので忘れずに設定をして下さい

 

とはいえWoLの現状としては、S5電源状態からでも復帰可能な有線LANが優れていると思いますので、出来るだけ有線接続を使うことをおススメします

最近のノートPCは有線LANポートが無いものも多いですが、USBポートに挿してLANを増設できるアダプタも格安で販売されています

ノートPCによっては、スマホなどが充電できるようシャットダウン時でもUSBポートに給電されるタイプの製品もありますので、そういったものを組み合わせると良いのではないかと思いますよ

スポンサーリンク

コメント