知ってたけど…… GPD WIN MAXがデカすぎて厳しそう

GPD WIN MAX サイズPC

今日は小ネタですので短めです

当サイトでも以前からGPD WIN MAXについての情報を収集してきました

GPD WIN MAX(旧名称GPD WIN 2 MAX) 判明情報まとめ(随時更新)
GPD WINの最新機種となるGPD WIN MAX(旧名称GPD WIN 2 MAX)の最新情報をまとめてお届け。情報が入り次第随時更新していきます

今年になって公式サイトが情報を発表してくれましたので役目を終えたとして更新は終えていましたが、その後有志の方によって公開されたハンズオン動画を観て

これでゲームを日常的に楽しむのは厳しいのでは

と思いましたのでチョコっとだけ書いてみようと思います

スポンサーリンク

GPD WIN MAXのサイズ感

以前からずっと言われていたことですが、GPD WIN MAXは8インチのディスプレイを搭載することがメーカー発表によって確定しました

アスペクト比は16:10ですので多少の違いはあるものの、言ってみればiPad miniのサイズ感です

当然その大きさをイメージしてはいたのですが、実際にプレイしている動画を観るとそのサイズ感に驚愕します。それがこちら

WIN Max Prototype short video

で、デカい・・・。写真でも見てみると

GPD WIN MAX

画像引用:Youtube,Jack Frost

やっぱりデカいです。寝転がって気軽に遊ぶという感じではなさそう。というか持ってプレイすることも厳しそうで、ひざ上にちょいと重さを預けてプレイするような感じじゃないと腕がプルプルしてしまいそうですね

ベゼルが太いせいだとも言えますが、これはキーボードを配列するために仕方なかったんでしょうね。狭額縁にするとキーボード側も狭まってしまうのでキーピッチの確保ができなくなってしまいますのでね

そしてボタンとアナログスティックの配置も気になります左右の間隔が開きすぎていると操作感がイマイチに感じるのはRazer Edgeで経験済みです。Nintendo Switchのように左右のボタン距離が離れても操作を苦にしない方なら問題ないかもしれませんが

ゲーム目的でこの機種を購入するというのはちょっと厳しいのではないかという気がしてきました

GPD WIN MAXのスペック

一方でスペックは噂通りの性能を備えていますのでこれは嬉しいポイントでもあります

項目GPD WIN MAX 仕様
CPUCore i5-1035G7
iGPUIntel Iris Plus(EU数64、1.05GHz)
メモリ16GB LPDDR4-3733
ディスプレイ8インチ 1280×800
ストレージM.2 2280サイズ
インターフェースUSB Type-C×2(サンボル対応)、USB Type-A×1、HDMI×1(フルサイズ)
通信Wi-Fi 6
バッテリー57Wh
サイズ207×148×26 mm

CPUが噂で挙がっていたi7-1065G7でないのはちょっと不満ですかね。誤差は僅かですが、3次キャッシュが8MBから6MBになるのと、iGPUのクロックが0.05GHz下がっていますのでこの辺りを気にするかどうかですね

個人的には3次キャッシュは8MB欲しいのでi7が理想だったのですが……

解像度が低めなのも噂通りでしたね。パフォーマンスを上げるためには仕方ないですし、これは製品の志向に合っているとも言えます

その一方で今回ご紹介した実際のハンズオンを見ていると、ゲーム特化として使うのはやや厳しいのではないかという印象。実際GPD WIN MAXはキーボードやトラックパッドといったインターフェースに力を入れているようで、ゲームもできるけど普通のUMPCとしても高性能だよという感じも重視しているように思えます

しかしそれだったら、解像度はフルHDは欲しかった……。16:10アスペクトだから1920×1200のWUXGAということになりますかね。究極、ゲームをする時は解像度を落とせば済む話ですのでこの点は何とかして欲しかったのですが

まとめ

ということで中々ずんぐりむっくりなGPD WIN MAX

それでも個人的にはとても興味をそそられる機種ではあります。ゲーム用ではなく、UMPCメインで時々はゲームもそのまま楽しめると思っておくのが良さそう。まあ本当は解像度がもう少し欲しいのですが

今回の動画を実際に見て、ゲーム特化ということで考えるなら、ディスプレイサイズは7インチ未満が限界なのかなという気もしました。ちょっと前話題になったDELLのUFOも8インチなので、同じようにデカすぎると感じそうです

SMACH Zは6インチですが左右に大きすぎてしまってやっぱり使いづらい気もします。Nintendo Switchに慣れているような人なら気にならないのでしょうが、PSや3DSのようなボタン間隔に慣れているとちょっとツラそうですね

Switchに慣れているのならOne-NetbookのONE-GXが7インチなうえにコントローラーがジョイコン方式の着脱式ですのでいちばん理想に近いかもしれませんね。ただ個人的にはSwitchの横幅自体がツラいので、そうなるとGPD WIN 2がやはり名機だったんだと改めて感じます

幸いなことに、GPDは今までのサイズ感を踏襲したGPD WIN 3を2021年にリリースするようなことも噂レベルで聞かれています。私と同じような感覚の方は、そっちを待つ方が満足感は高いかもしれませんね

それではまた~

コメント