5月30日発売!? OneGX ファッションエディション(カジュアル版)とは何なのか

OneGX ファッションエディション スペック 違いNEWS

この記事は短いです

コロナの影響もあるのかTiger Lakeのリリースに遅れが生じるかもなんて噂もありますが、夏発売を表明してしまっているOneGXは一体どうするのかな? と思っていたら、予想外のウルトラCを決めてきました(笑)

なんと、本来語られていた仕様・スペックとは異なるエディションを発売し、夏発売という公約を守る方針にしたようです(あくまでネットのリークなので確定ではないです)

その名も「OneGX Fashion Edition

※その後、日本では「カジュアル版」と呼ばれるっぽいという情報がありました

この噂が本当だったとして、どの点がどれだけ犠牲になったのかを簡単にまとめてみようと思います。なお、先に言っておきますがこれを買うことはおすすめしません

スポンサーリンク

OneGX Fashion Editionの発売日・スペック

突如として発表された(まだリーク止まりか?)OneGX Fashion Editionですが、中国語では「时尚版」という表記で、意味はそのまんまファッション版=ファッションエディションです

OneGX ファッションエディション スペック 違い

画像引用:Discord

発売日は5月30日となっていますが、これは申し込み開始日(?)のようで、実際には6月からAmazon、Banggood、GeekBuyingでプレセールが始まるとされています。到着は7月でしょうか。おお! 公約通り夏にゲットできますね(笑)

こちらが語られているOneGX Fashion Editionのスペックになります。せっかくなので本物のOneGXとの比較もしてみましょう

OneGX Fashion EditionOneGX 本物
CPUCore i5-10210YTiger Lake Yシリーズ
GPUIntel UHD Graphics EU数24Intel Xe GPU EU数96
ディスプレイ7インチ 1920×1200 10点マルチタッチ
16:10アスペクト
7インチ 1920×1200 10点マルチタッチ
タッチペン対応 筆圧2048レベル
16:10アスペクト
メモリ8GB / 16GB LPDDR38GB / 16GB LPDDR4X
ストレージ256GB / 512GB NVMe PCIe
I/OポートUSB Type-C(電源兼用)×1、USB Type-C×1、USB3.0 Type-A×1、Micro HDMI、Micro SDスロット、イヤホンジャック、空きM.2スロット×1USB4×1、USB Type-C×1、USB3.0 Type-A×1、Micro HDMI、Micro SDスロット、イヤホンジャック、空きM.2スロット×1
通信WiFi 6、4G LTE(オプション)WiFi 6、4G / 5G LTE(オプション)
バッテリー容量12,000mAh 1セル 44.4Wh
サイズ173 × 136 × 21 mm
重量623 g

こんな感じになっています。正直、ネットで流れているこのスペック表もちょっと偽物臭さがあるにはあるんですが、本当だったとしたちょっと悲しいです

OneGX ファッションエディション スペック 違い

画像引用:Discord

とにもかくにも悲しいのはCPUで、現行のOneMix 3シリーズと同じComet Lakeのi5-10210Yが採用されています。つまり性能はOneMix 3と全く同じってことです

Comet Lakeは従来のCore iの流れを汲むCPUですので、GPUが強化されたIce Lakeとは別系統です。OneGXはゲーミングPCを謳っているわけですのでGPUこそ重要なわけですが、残念ながらIce Lake Yが搭載されることはありませんでした

これについてはOne-Netbookの社長が

Ice Lakeは20W以上で動作させないとGPUの性能が発揮できないから載せない

と発言していて、OneGXへのIce Lake Yの搭載を見送ったと公表してしまっていますので、今さらIce Lakeを載せるわけにはいかなかったんでしょうかね

内蔵されているGPU(iGPU)はUHD Graphicsです。つまり、普通のノートパソコンと同じですのでゲーミングでも何でもありませんね

GeForce NOWのようなクラウドゲーミングをしたり、PS4やSTEAMをリモートプレイする際にはいいかもしれませんが、それなら他にいくらでも選択肢がありますので

そしてCPU変更の煽りを受けて、メモリもLPDDR3メモリになってしまってます。i5-10210YはLPDDR4Xをサポートしていないので仕方ないところですが

ポート類に関しても、USB4が搭載できないのは仕方ないですね。まだ無いですので。というか登場は2021年になりそうとか言われ始めていますけど、本当にOneGXは搭載できるんでしょうか……

ということで、これって性能的には完全にOneMix 3をガワだけ変えたものって感じです

好みもあるかもしれませんが、AAAゲームの動作が困難ということになると、この形状をしてることはむしろデメリット。Yogaスタイルが可能でデジタイザにも対応しているOneMix 3の方がマシなんじゃないかと思ってしまいます

ちなみにOneGXには従来バージョンの他に『PRO版』の噂もあるのですが、もしかしたら今回のファッションエディションに対してのプロ版ということになるのかもしれませんね

まとめ

この記事を書こうと思ったのは警鐘を鳴らす意味があります

なんとなくこの情報を見た時、『あまり知識がない人を騙してやろう』という意図が透けて見えるように感じられてしまったのです

SNS等で散々煽っておいて興味を惹かせ、先に出てくるのは現行機種のガワだけ変えたバージョンというのはうーん……

普通の人ってTiger LakeとかComet Lakeとか言われても分からないだろうし、そもそもYプロセッサとかUプロセッサとかも分かってないと思うんですよね。「こんな小さいのにi7なんだ! すげえ!」とか「4コアなんだ、すげえ!」みたいに、型式しか見てないように思います

もし本当にファッションエディションを出すんだとしたら、「夏登場って言っちゃったからとりあえずガワだけ変えて出しとくか」とか、「中身の違いなんて分かんねえだろ。見た目さえよければチヤホヤしてくれるだろ」みたいなメーカーの思惑を感じてしまうんです

……邪推しすぎでしょうか

でもこのメーカーって、Comet Lakeを載せた時に「4コアのPCで世界最小」とか煽りまくってたという前科があります。Yシリーズの4コアなんてそんな煽れるものでもないのに、当時Uシリーズで4コアを載せたレッツノートに喧嘩売るスタイルで宣伝してたんですよ。あれはかなり印象悪かったです

今回も悪意を持ってやってるんじゃないかと感じてしまいます

ただまあとにかく、もし本当にOneGXファッションエディションが発売されたとしても、その性能は現行のOneMix 3と同じであり、特別「ゲーミングマシン」を名乗れるようなスペックではありませんので、その点を納得した上で購入されることをおすすめします

それではまた~

コメント