Panasonicのフルサイズシネマカメラ『LUMIX S1S』が来る?

LUMIX S1S Panasonic シネマカメラ NEWS

すみません、アイキャッチの画像はSONYのα7sから拝借したSロゴで、まだ正式名称は決まっていませんが……

Panasonic初となるフルサイズミラーレス一眼であるLUMIX S1の登場がおよそ2か月前

GH5で動画撮影機能において圧倒的な評価を得ているパナですが、LUMIX S1もその期待に応えるかのようにフルサイズ初の4K / 60fps撮影が可能なミラーレス一眼ということで大いに注目を集めました

その衝撃から2か月、なんと今度は動画機能に特化したシネマカメラとして「LUMIX S1S」が登場するかもしれないという噂がL-rumors.comに掲載されました

 

LUMIX S1には既に、高画素に特化したLUMIX S1Rという兄弟機があります。どこかで聞いたことあるネーミングですよね(笑)

果たしてLUMIX S1シリーズもSONYのαシリーズ同様、無印・R・Sの三兄弟となるのでしょうか?

今回の記事ではLUMIX S1 /LUMIX S1Rのスペックを振り返り、それをもとにしてLUMIX S1Sのスペックを予想していってみたいと思います

なおこの記事は動画機能に焦点をあてて解説しますので、スチルの話はほとんど出てこないと思います。ご了承ください

スポンサーリンク

まずはLUMIX S1兄弟のスペックをおさらい

動画に特化したシネマカメラがLUMIX S1S(仮名)とのことですが、現行のS1 / S1Rもかなりの動画性能を持っていますので、S1Sのスペックを予想するためにも、まずはこの両者のスペックを確認しておきます

自分が確認したい項目が中心かも……

LUMIX S1LUMIX S1R
レンズマウントライカLマウント
総画素数2528万画素5044万画素
有効画素数2420万画素4730万画素
センサーサイズフルサイズ(36×24mm)
ISO感度100~51200100~25600
拡張ISO感度50、102400、20480050、51200
シャッタースピード1/8000~60秒、バルブ1/16000~60秒、バルブ
ローパスフィルターレス
手振れ補正あり(ボディ内5軸)
動画形式AVCHD/AVCHD Progressive/MPEG4-AVC/MP4(H.264、H.265)AVCHD/AVCHD Progressive/MPEG4-AVC/MP4(H.264)
最大フレームレート4K/60p、フルHD/180P
撮影形式V-Log(有償アップデート予定)
HLG 10bit
背面液晶モニター3型チルト
EVF有機EL 倍率0.78倍 視野率100/100
サイズ148.9x110x96.7 mm
重量899g898g
dxomarkスコア95100

このようになっています

LUMIX S1Rのセンサースコアは素晴らしいですね。レビューも高評価ばかりが目につきます。でも

動画という観点で見た場合には、LUMIX S1に軍配が上がりますね

どちらの機種もフルサイズセンサー機としては世界初の4K / 60pを実現しています。また、GH5ゆずりの5軸手振れ補正の効きも素晴らしいと評判で一眼ムービーを撮影するのに最適な機種のひとつと言えそうです

ただ、S1Rの方がよりスチル寄りのカメラであり、S1無印と比較すると動画機能は控えめになっています

ざっと目を通してまず目につくのは、現行コーデックのH.265に対応しておらずH.264止まりとなっている点です。H.265の方が圧縮率が高くより高ビットレートにできますので、少し劣っている点ということになります

また、LUMIX S1にはHLGという、広ダイナミックレンジで撮影できる撮影方式が搭載されています。これはLogではありませんが、SONYでいうところのハイパーガンマというやつですね

S1無印がHLGで10bit撮影が可能なのに対して、S1Rの方はHLG動画には非対応(静止画では使えるようです)となっています。ふーむ

さらに、これは有償アップデートとなってしまうのですが、無印S1の方はLog撮影に対応しています。パナソニックのLog形式であるV-Logという撮影方式で、GH5が10bit撮影可能だったことからS1も10bit撮影が可能になると思われます

S1Rには今のところ対応予定は無いようです

それと地味に気になるのがS1Rの暗所耐性の低さです

高画素機の宿命とも言えるのかもしれませんが、常用ISO感度が100~25600というのはちょっと低い気がします

ということで、dpreview さんのツールで比較させていただきました。
画像はタップで拡大可能です

比較対象はS1無印とS1Rに加え、動画と暗所性能に定評があり、私の愛機でもあるα7s。そしてiPhone Xです(iPhoneは画像の破綻が酷いのでISO640までのデータしか表示できなくなっています)

まずはISO3200から

LUMIX S1S

んー…なんかS1Rの方は既にノイズがのってるような気が……。次は6400で見てみます

LUMIX S1S

S1Rの方は結構ノイジーですね。S1はかなり優秀だと思います。α7sより良いんじゃないでしょうか?

最後に常用限界の25600まで上げてみます

LUMIX S1S

ぎゃーッ! S1Rさん、これはちょっと使えないですね…。無印の方もノイズがのってきました。α7sと同じぐらいでしょうか

無印S1の暗所耐性は、α7s同等と考えて良さそうですね

LUMIX S1Sのスペック予想する

暗所耐性の話はちょっと脱線だった気もするので話を戻しますが、シネマカメラという以上はダイナミックレンジの広さは絶対に必要だと思いますし、夜間や暗がりでの撮影も多いことから、暗所耐性も必要だというのが私の考えです

S1Rの高画素・低ISO路線ではなく、低画素センサーを搭載してセンサーピッチに余裕を持たせる方向で来るのではないかと予想します

それって、つまりα7s路線ですよね(笑)

そのあたりを踏まえ、スペックを考えてみると……

LUMIX S1S(仮称)予想スペック
総画素数1680万画素
有効画素数1620万画素
ISO感度100~204800
拡張ISO感度50、409600
動画形式AVCHD/AVCHD Progre/MPEG4-AVC/MP4(H.264、H.265)/RAW動画
最大フレームレート4K/60p、フルHD/240P
撮影形式V-Log同梱 12bit
HLG 12bit

こんな感じだと予想します!

全然外れてても戒めのためにそのまま公開しておきます(笑)

さっきdpreviewで確認させてもらったように、高画素路線は厳しそうなので画素は控えめと予想

これを言うと反論する人も多いと思うんですけど、実際使ってる身として低画素機はやっぱり階調が豊かだと感じます。科学的なデータは示せないんですけど、出てくる写真や動画がそう感じるんですよね

そして低画素を活かして暗所でもしっかり使っていけるよう常用ISOは高めなのではないかと思います。実際、無印S1がα7sと同等か、感度によってはそれ以上の結果を示しているので、それをさらに上回ってくるのではないでしょうか

新・高感度番長が誕生する予感です

そして動画形式ですが、パナソニックがシネマカメラを名乗る以上、これはもうRAW動画に対応してくれるのではないかと予想します。予想というか希望かもしれませんが、ある意味これがいちばん重要な部分かなとも思いますので期待したいです!

一方で、フレームレートについては4K / 60Pのままかなという気がします

やはりフルサイズで4K / 120Pというのが厳しいのではないかというのと、メディアの記録が追い付かないのではないかという気がしているので、こんな予想になりました

ただ、外部レコーダー対応によってここがグンッとパワーアップする可能性はあると思います。それこそ4K / 120P、8K / 30Pでも撮影できるようになるかもしれません

もしそうなったらまさに次世代のシネマカメラと言えると思います

そして撮影形式についてですが、V-Logが標準で使えるようになっているというのはほぼ間違いないんじゃないかと思います。RAWで撮れるならいらないとも言えますが、RAW動画編集ができるユーザーばかりじゃないとも思いますし……

そして12bit階調の色深度。これもかなり実現可能性は高いのではないかと予想しています。カラーグレーディングのし甲斐がありそうですね

まとめ

ということで、予想というよりも妄想と期待のとっ散らかった記事になってしまった気がしますが、ほんとこういう妄想してる時がいちばん楽しいです(笑)

とにかく期待したいのが

  • スペックだけじゃなく、実力の伴った高感度番長
  • RAW動画撮影
  • 外付けでいいので4K / 120fps撮影
  • V-Log標準対応
  • 12bit階調

これです。でも本当にこのスペックで出たら、高くてとても買えませんので、しばらくは妄想を楽しみ続けたいと思います

 

さて、冒頭でもお伝えした通り、今回の情報はL-rumors.com さんがリークしたものですが、このサイトは情報の信ぴょう性に対して独自のランク付けをしています。ランクは低い方がL1から、最高でL5まであるのですが、今回の噂の信ぴょう性は……

L5です!

これは「ほぼ確実。間違いないと言っていいレベル」の噂に該当します

この記事の中では他にも、「パナソニックがこの機種を発表するのは5月31日」であること。そしてこの機種が「映画撮影の夢のギアになる」ということを伝えています

あと1週間ぐらいなのですね。期待してワクワクしながら待ちたいと思います

それではまた~

参考サイト様

L-rumors.com様

dpreview様

【6月3日追記】

その後メーカーから正式な情報のリリースがありました。答え合わせはこちらから

Panasonicシネマカメラの正体は「LUMIX S1H」 予想を答え合わせ
パナソニックが新たに開発中であると発表した6K撮影可能なシネマカメラ「LUMIX S1H」について、判明している情報とそこから予想できる魅力的なポイント・ちょっと残念なポイントを本記事でまとめています
スポンサーリンク

コメント