BlackBerry風スマホ「TITAN」は、重すぎ&デカすぎでダメだぁ…

BlackBerry風 TITAN Android

クラウドファンディングサイトのKICKSTARTER にて注目を集めているAndroidスマホの「TITAN

往年のBlackBerryを彷彿とさせるQWERTYハードウェアキーボードが搭載されているのが人気の秘訣のようで、かつてBlackBerryユーザーだった私も「おっ!」と注目しました

よくよく説明を読んでいくと、どうもこれは日常的に使っていくのが厳しそうだなぁと感じる部分が多々ありましたので、今回はTITANのスペックと気になるポイント。どこを我慢すれば満足して使っていけるのかを考えてみたいと思います

スポンサーリンク

TITANの概要

冒頭にも書いたように、TITANはBlackBerryユーザーをターゲットにしたとしか思えない、Androidスマホです。開発したのはUnihertz

往年のBlackBerryの特徴である1:1アスペクト比の液晶と、物理キーボードを搭載するのが最大の特徴となっています

BlackBerry風 TITAN

画像引用:KICKSTARTER Unihertz

これだけでBlackBerryファンは小躍りして喜びたくなりますが、加えてこのキーボードはバックライト搭載。さらにタッチセンサーを備えていて、ジェスチャーコントロールに対応しています

BlackBerry風 TITAN

画像引用:KICKSTARTER Unihertz

液晶は4.5インチと大型で、解像度も1400×1400ピクセルと高解像度となっていますね。Gorilla Glassですので傷にも強いと予想されます

BlackBerry風 TITAN

画像引用:KICKSTARTER Unihertz

機種はIP67相当の防塵防滴となっていて、環境を選ばずタフに使っていけるのも魅力

BlackBerry風 TITAN

画像引用:KICKSTARTER Unihertz

開発元のUnihertzは元々この防塵防滴に力を入れており、かつては超小型でありながら水中でもそのまま使えるAtomという機種なんかをクラウドファンディングで成功させた実績もあります

ついでに、これは需要があるのか分からないのですがTITANはトランシーバー機能を備えており、サイドボタンを押すことで使用可能になっているとのこと

BlackBerry風 TITAN

画像引用:KICKSTARTER Unihertz

このサイドボタンはプリセット可能で、カメラ等のよく使う機能を登録してワンタッチで呼び出すこともできるそうです

またTITANは、BlackBerryには搭載されたことのない、今どきの機種らしい機能も備えています

まず、ワイヤレス充電に対応しており専用ポートにポンと置くだけで充電が可能

BlackBerry風 TITAN

画像引用:KICKSTARTER Unihertz

続いてDSDS(※)に対応し、2つのSIMを同時に挿入して使うことのできるデュアルSIMデュアル待ち受けとなっています。SIMフリーですので世界中のSIMカードを挿すだけでそのまま使用することも可能。日本のバンドにも対応していますね

BlackBerry風 TITAN

画像引用:KICKSTARTER Unihertz

※DSDS表記は無し。説明欄に「2つの電話を1台にまとめたようなもの」と書かれているので、単純なデュアルSIMの可能性あり。また、2つ目のSIMカードはmicroSDカードと排他になりますので同時使用はできません

さらに顔認証によるロック解除も今風というか、iPhone Xっぽいです。指紋認証にも対応しています

BlackBerry風 TITAN

画像引用:KICKSTARTER Unihertz

詳細なスペックについて次の章で解説していきますが性能も中々のものです。しかし唯一にして最大の欠点が……重い&デカいことです

BlackBerry風 TITAN

画像引用:KICKSTARTER Unihertz

TITANのスペック

性能と、どれだけ大きいのかということを知るために、TITANのスペックを一覧表にしてみます

項目詳細
CPU詳細不明 8コア/2GHz
メモリ6GB
ストレージ128GB
OSAndroid 9 Pie
ディスプレイ4.5インチ タッチスクリーン 1400×1400 pixel
カメラリア1600万画素 + フロント800万画素(顔認証対応)
バッテリー6,000mAh
インターフェースUSB Type-C
LTEバンドB1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/25/26/28/34/38/39/40/41/66
サイズ153.6 × 92.5 × 16.65 mm
重量303g

という感じになっています

で、デカい……。iPhone XS Maxが157.5 × 77.4 × 7.7 mmの重量208gとなっていますので、フットプリントで1.15倍、厚さに至っては2倍以上TITANの方が大きいということになります。重量も1.5倍です

「はい、解散っ!」と言いたくなるようなサイズ感です

私がかつて使っていたBlackBerry Q20という機種は、キーボードを搭載していながら小型なのが魅力でした。その後BlackBerryは大型機にシフトしていき、それと同時に市場から姿を消していったような記憶があります。同じ想いの人が多かったのでしょう

つまり、いくら物理キーボードがついていようと、このサイズ・重量ではBlackBerryユーザーのハートは掴めないのではないかと思うわけです。全ての人がそうだとは言いませんが、BlackBerryを愛していた人たちはあの小ささが気に入っていたという人も多いのです

それからスペックについて気になる点があります

CPU(SoC)についてなのですが、型番不明ではあるものの8コアで最大2GHz駆動というのは、前機種のAtomと全く同じスペックとなっています。もしかして使いまわし?

Atomは画面サイズ2.45インチという極小機種となっています。そんな機種に載っていたSoCと同じものが使い回されているのでは、性能はお察しとなります

画像引用:KICKSTARTER Unihertz

Atomに搭載されていたSoCはMediaTek MT6763Vという型番のもの。このSoCのAntutu平均スコアは5万~6万程度となっています。うーん、これじゃあ5年前のスペックですのでせっかくのメモリ6GBとか完全に無駄ですね

まとめ

ということで、BlackBerryユーザーであった私ですがこの機種には魅力を感じることができませんでした

  • 形こそBlackBerryだけどサイズは完全に別物
  • SoCが非力すぎると思われ、パフォーマンスが上がらないことが予想される

というのが理由ですね。というか、この2つのうちどちらかを解決することはそれほど難しくなかったのではないかと思うのですが……

非力なSoCを積むのであればハイエンド機ではないわけですから、防塵防滴とか無駄に大容量なメモリやバッテリーを積むのをやめ、かつてのBlackBerry端末級の大きさで出してくれたら、その方が遥かに嬉しかったです

逆に今の大きさのままでいくのなら、多少値段が張ってもいいからSnapDragon 845クラスのSoCを載せることもできたのではないでしょうか?

ハードウェアとしては非常に面白いと思うのですが、その先に待っている「使っている姿」を想像すると、ちょっと買えないなぁ…と感じてしまう機種なのでした

それではまた~

関連サイト

KICKSTARTER

TITANプロジェクトページ

スポンサーリンク

コメント