GPD WIN MAXはお預け GPD Pocket 2 Max発表 スペックまとめ

GPD Pocket 2 Max まとめ NEWS

先日GPD WIN MAXのまとめ記事を公開しました

GPD WIN MAX(旧名称GPD WIN 2 MAX) 判明情報まとめ(随時更新)
GPD WINの最新機種となるGPD WIN MAX(旧名称GPD WIN 2 MAX)の最新情報をまとめてお届け。情報が入り次第随時更新していきます

この中にも書いている通り、今年のQ2~Q3、具体的には9月ごろにGPD WIN MAXがリリースされるという噂でしたが、ロシアのSVIAZで発表されたのはGPD WIN MAXではなく、GPD Pocket 2の後継機(バリエーション機)となるGPD Pocket 2 MAXという機種でした

GPD Pocket 2 Max まとめ

 

以前からシルエットだけはtwitterで公開されていましたが、会場を訪れた人にはこのシルエットが明かされた冊子が配布されています

GPD Pocket 2 Max まとめ

 

残念ながらRyzen Embbeded V1605Bを搭載したGPD WIN MAXの発表を期待していた人にとっては、発表・発売はもうしばらくお預けとなってしまったわけですね

Redditでは「2020年発売か?」 というような議論がなされています

 

それでは今回発表されたGPD Pocket 2 MAXはどのぐらいのスペックなのでしょうか
まとめてみましたのでご紹介したいと思います

スポンサーリンク

GPD Pocket 2 MAXの性能まとめ

最も気になるところがGPD Pocket 2 MAXのスペックですよね

WIN MAXが発表されなかったのは残念ですが、もしかしたらPocket 2 MAXも同じぐらい高性能なのでは……と期待してしまいます

ということでスペック一覧表を見てみたいと思います

要素スペック詳細
CPUCeleron 3965Y / Core m3-8100Y
GPU無し(iGPU Intel UHD Graphics 615)
メモリ8GB or 16GB
ストレージ256GB or 516GB  NVMe M.2 SSD
ディスプレイ8.9インチ(2,560×1,600)
インターフェースUSB TYPE A×2、USB TYPE C×1、Micro HDMI×1、イヤホンジャック
指紋センサー、スタイラス対応(筆圧感度等の詳細は不明)
キーボード5列キーボード+トラックパッド
バッテリー9,200mAh
サイズ213 × 149.5 × 5.5-14.2 mm
重量680グラム
価格 8GBメモリ+256GB SSD+Celeron 3965Y $529
16GBメモリ+512GB SSD+Core 8100Y $705

となっています
※5月14日 しれっとサイズが変更されていたので更新しました。厚さは薄くなったけどサイズがデカくなってる……

GPD Pocket 2 Max まとめ

 

「はいっ、解散!」と言いたくなるようなスペックで残念です

WIN MAXやSMACH Zを待ってる層には全く訴求してこないスペックですが、UMPCをオフィス用途として使っていきたい人にとっては、画面の大型化に加えてSSDもNVMe対応で高速に、そしてトラックパッドが付いたことで、生産性を向上させることができるかもしれません

と、無理やり褒めてみる(笑)

5月20日追記↓

スタイラス対応らしいのと、メモリ16GBモデルでもそれほど高くないことが分かりました
これならありかも?

GPD Pocket2 Max スタイラス

画像引用:GPD

良さそうな点と悪そうな点

良さそうな点は先ほども書いた通り、トラックパッドを搭載してくれたこととNVMeに対応してくれたことです

CPUの性能向上はわずかですが、それでもストレージの高速化とマンマシンインターフェースの改良によって以前よりもより少ないストレスで使っていくことができそうです

 

逆に悪い点なのですが……

先ほど言ったことを覆すようで申し訳ないですが、まずキーボードが改良されていません。窮屈感があり、以前のモデルから不評だった変則的な配列がそのままとなってしまっています

また、搭載されたトラックパッドは小さく、使いやすさを考えると首を傾げます
「無いよりはマシ」程度なのかなと思いますので、これだったらトラックパッドはいらないからもう少し余裕を持たせたキーレイアウトにしてくれた方が良かったです

GPD Pocket 2 Max まとめ

まとめ

ということでGPD Pocket 2 MAXは個人的には全然魅力を感じません
こんなのいらないからGPD WIN MAX早く~! というのが正直なところです

でも、先ほど書いたメリットも嘘ではありませんので、出張や出先でライトユースに且つ快適にオフィスワーク等を行いたい方にとっては、魅力のある機種とも言える……かもしれません(笑)

 

ライバル機のOneMix 3をはじめ、他機種と比較したい方はこちらの記事も参考にしてみて下さい

現役で使えるUMPC&Windowsタブレット スペック比較早見表【随時更新】
2019年現在も現役で使っていけるだけのスペックを持つ、10.1インチ以下のUMPC&タブレットを一覧で比較しています。用途別やポイント別の注目機種についても持論を語らせていただいていますので、小型高性能PC好きな方の参考にどうぞ
スポンサーリンク

コメント