OneGx1 Pro(日本正規版)をGPD WIN Maxと比較 ベンチマーク編

OneGx1 Pro ベンチマーク 比較PC

海外の皆さんはとっくに手に入れていたので今さら感があるのですが……

ようやくOneGx1 Proの日本版が届きましたので、GPD WIN Maxと比較してチェックしていってみたいと思います

今回は純粋なベンチマークの比較を行う記事です。読むのがめんどくさいという方は、最後のまとめに一覧表がありますのでそちらをどうぞ

外観や使用感について知りたい方は以下の記事の方をどうぞ

OneGx1 Pro 日本正規モデル 実機レビュー編
OneGx1 Pro 日本版のレビュー記事です。全体的な使用感のレビューの他、私は4G対応モデルでペン(デジタイザ)も一緒に購入していますので、4G通信についてとペンの使い心地についてもレビューしています
スポンサーリンク

OneGx1 Pro VS GPD WIN Max ベンチマーク

いつものように諸々のベンチマークをお届けします

Tiger LakeのIris Xe GPUはGTX1050(Max-Q)程度の性能があると言われていますが、丁度いいことにGTX1060(3GB版)を搭載したeGPUがありますので、こちらを接続したスコアも併記しておきます

サンボル接続のeGPUはパフォーマンスが2割ほど落ちますので、ほぼGTX1050と同じぐらいのスコアとなるはずです。つまり、内蔵GPUでもeGPUでもグラフィックスコアに大差なければIntelの言っていることもホラじゃないということになるわけですが、果たして……

PassMark(CPU Mark)

まずはCPUの性能バロメーターであるCPU Markです

OneGx1 Pro ベンチマーク PassMark

CPU Markスコア:9168

このようになりました

その他スコアは以下になります(OneGx1 Proのディスプレイは縦画面がデフォルトのため、3D Graphicsテストはエラーのため実行できませんでした

  • CPU Mark:9168
  • 2D Graphics Mark:559
  • 3D Graphics Mark:
  • Memory Mark:2696
  • Disk Mark:9060
  • 総合スコア:4486

 

と言ってもこれだけだとよく分からないと思います。ライバルのGPD WIN Maxのスコアがこちらですので比較してみましょう

GPD Win Max ベンチ PassMark

CPU Markスコア:9820

GPD WIN Maxのスコアの方が高いです。以前に予想した通りでした

これまで当サイトを読んで下さっている方には耳タコかもしれませんが、OneGx1 ProのCPUは第11世代Core-i7とはいえ低電圧版のUP4(旧Yプロセッサ)です。なので、省電力版(Uプロセッサ)のGPD WIN Maxよりはやっぱり処理能力は劣ってしまうんですよね

OneGx1 Proは世代が1つ新しいうえに、メーカー独自のチューニングでcTDPを20Wまで高めていると言っていたので期待していましたが、残念ながら予想通りの結果となってしまいました

と言っても体感できるレベルではなく、誤差の範疇だと思って大丈夫ですけどね

GeekBench 4&5

続きましてGeekBenchです。そろそろ4の測定はやめてもいいかな? と思うのですが一応やってみました

なおGeekBenchは世代が新しくコア数が多いCPUほど数値が高く出やすいという特徴がありますので、参考程度にとどめた方が良いと思います。マルチプラットフォームで比較できるのでその点は有難いんですけどね

GeekBench4

OneGx1 Pro ベンチマーク GeekBench4

OneGx1 Pro ベンチマーク GeekBench4

  • シングル:6172
  • マルチ:19854
  • OpenCL:55067

4C/8Tの第11世代なので実力以上のスコアが出ているように感じます。GeekBench 4は本当に旧世代のベンチなので最新のCPUを処理するアルゴリズムが正しいのか分かりませんので、ほんと参考程度にして下さいね

GeekBench5

OneGx1 Pro ベンチマーク GeekBench5

OneGx1 Pro ベンチマーク GeekBench5

  • シングル:1398
  • マルチ:4435
  • OpenCL:16522

こちらも世代ゆえのスコアの高さが出ていますが、OpenCLのスコアの高さはスゴイです。誤差レベルではなく、今までのiGPUとは比べ物にならないスコアが出ています。やはりTiger Lakeの魅力はiGPUにあると思って良いでしょう

GPD WIN Maxのスコアは以下の通りです

GeekBench4

GPD Win Max ベンチ GeekBench4

GPD Win Max ベンチ GeekBench4

  • シングル:5325
  • マルチ:16393
  • OpenCL:38185

GeekBench5

GPD Win Max ベンチ GeekBench5

GPD Win Max ベンチ GeekBench5

  • シングル:1202
  • マルチ:4129
  • OpenCL:4538

第10世代(Ice Lake)なうえにCore-i5という点が評価に現れているのか、こちらのベンチマークはOneGx1 Proに全体的に劣っていますね。誤差レベルと思いますがOpenCLは大差ですね。この結果に関しては正しいと感じます

CINEBENCH R20/R23

続いては、ヘンテコな評価が出にくく純粋なCPU性能を正しく測定してくれると評判のCINEBENCHです。こちらはついにR15を卒業し、現行のR23と前世代のR20で比較します

R23は今まで通りのシングルテストも出来ますが、デフォルトだと規定時間(10分)ベンチを回し続ける仕様に変わったのでムラが少なく、より正確に測定できるんですよね~

CINEBENCH R23

OneGx1 Pro ベンチマーク Cinebench R23

  • CPUスコア:3412pts

CINEBENCH R20

OneGx1 Pro ベンチマーク Cinebench R20

  • CPUスコア:1393pts

このようになりました。対してGPD WIN Maxのスコアはこちら

CINEBENCH R23

GPD WIN Max CineBench R23

  • CPUスコア:3449pts

CINEBENCH R20

GPD Win Max ベンチ CINEBENCH R20

  • CPUスコア:1554pts

より正確に測定できると言われるCinebenchですと、やはりGPD WIN Maxの方が誤差レベルですが性能的には上なようです。やっぱり『パワー』つまり『電力』は正義です

PCMark10

お次は、より現実での利用に近い形でマシンの総合的な性能を測定するPCMark10です

OneGx1 Pro ベンチマーク PCMark10

  • Essentials:8844
  • Productivity:4838
  • Digital Contents Creation:3890
  • 総合スコア:3943

このような結果となりました。GPD WIN Maxではこんなスコア

GPD Win Max ベンチ PCMark 10

  • Essentials:8533
  • Productivity:5182
  • Digital Contents Creation:3807
  • 総合スコア:3958

各項目においてほとんど差がないことが分かりますね。つまり、ベンチとかではなく実際に両者を使用した時、処理能力という意味で使用感に優劣を感じることは無いってことですね。私も実際いじってみてそう感じています

このテストでは、OneGx1 ProのDigital Contents Creationがあまり伸びてないのはちょっと予想外でした。いくらGPUが進化したと言っても、実使用ではやっぱりdGPUには敵わないってことなんでしょうか……

Fire Strike(3DMark)

というわけでここからはTiger Lake最大のウリであるGPU性能を見ていきますが、最初にお断りをしておきます

GPDのデバイスは解像度が低いため、そのままだとOneGx1 Pro等の今どきのPC(解像度フルHD以上の機種)に比べて良いスコアが出やすくなっています。ので、ここからはOneGx1 Proの解像度をGPD WIN Maxと合わせて(1280×8000)行っています

これで条件は対等ですが果たして……?

まずはお馴染みFire Strikeからです。加えてここからはeGPU接続時との比較も併せて行ってきますよ

OneGx1 Pro iGPU(Iris Xe 96EU)使用時

OneGx1 Pro ベンチマーク Fire Strike

  • Graphicsスコア:4170
  • 総合スコア:3701

このようになりました。IntelのCPU内蔵GPUでこのスコアが出るようになったのかと、ちょっと感慨深いものがありました

GPD WIN Maxのスコアと比較してみましょう

GPD WIN Max

GPD Win Max ベンチ FIre Strike

  • Graphicsスコア:2641
  • 総合スコア:2483

Ice LakeのGPD WIN Maxと比べると、OneGx1 ProのGPUは1.5倍程度の性能があることが分かりますね。Intelの言ってる通りです

最後に、GTX1060 3GBを搭載したeGPUの性能がこちら

OneGx1 Pro eGPU(GTX1060 3GB)使用時

OneGx1 Pro ベンチマーク Fire Strike

  • Graphicsスコア:10493
  • 総合スコア:9033

こうしてみるといくらTiger LakeのiGPUが強化されたとはいえ、やはりまだまだ外部GPUには敵わないってことのようです。ローエンド~ミドルエンドぐらいのGPUにも勝てないようですので、まだまだNVIDIAやAMDのお世話になることになりそうです(笑)

性能重視の人はやっぱりdGPU搭載のノートPCを買った方がいいと感じます

Time Spy(3DMark)

やはりiGPUじゃこんなもんなのかという感じですが、より負荷の高いTime Spyも行っておきます

OneGx1 Pro iGPU

OneGx1 Pro ベンチマーク Time Spy

  • Graphicsスコア:1203
  • 総合スコア:1327

こんな感じです。カックカクでしたが、UMPCでスコア1000を超えているだけで大したものだと思います

GPD WIN Maxのスコアは以下

GPD WIN Max

GPD Win Max ベンチ Time Spy

  • Graphicsスコア:771
  • 総合スコア:874

最後にeGPUのスコアです

OneGx1 Pro eGPU

OneGx1 Pro ベンチマーク Time Spy

  • Graphicsスコア:3513
  • 総合スコア:3486

GPD WIN Maxの時も同じことを書いたような気がするのですが、メーカーは「AAAゲームが動く!」とか言ってますが、やはりそれは無理

Directx12世代のグラ重視のゲームは、かなり設定を落とさないと快適にプレイできるとは言い難いのではないかと思いました

ドラクエ10ベンチマーク

ゲーム系ベンチに入っていきます

OneGx1 Pro iGPU

OneGx1 Pro ベンチマーク ドラクエ10

  • 評価:14085
  • スコア:すごく快適

ちょっと意外。てっきりカンスト(20000前後)まで行くのかと思ってましたがいまいちスコアが伸びませんでした。うーん……?

GPD WIN Max

GPD Win Max ドラクエベンチ

  • 評価:すごく快適
  • スコア:11919

OneGx1 Pro eGPU

OneGx1 Pro ベンチマーク ドラクエ10

  • 評価:21258
  • スコア:すごく快適

OneGx1 Proの方がGPD WIN Maxよりも2割ほど良いスコアとなりました

とはいえスコアに差はあれど、どれであろうと「すごく快適」にプレイできるのは確実ですので、このクラスのゲームをやるつもりの方は何の心配もいらないと思います

ただしファンの音はうるさいので、人前でやるのは注意です

FF14ベンチマーク

ついに蒼天のイシュガルドを卒業して、現行ベンチの漆黒のヴィランズに変更しました(笑)

OneGx1 Proのリリース前に『疑惑のスコア』と呼ばれてたベンチですが、果たして1万近いスコアは出るのでしょうか?

OneGx1 Pro iGPU

OneGx1 Pro ベンチマーク FF14

  • 評価:とても快適
  • スコア:5531

あれれ~おかしいぞぉ~?? 確かに設定は『高品質(デスクトップ)』としてありますが、その代わりに解像度は1280×720まで下げてあるのに、謳われていたスコアの半分ぐらいしか出ませんでした

快適にプレイできるとかできないとかいう問題以前に、そうした宣伝方法(誇大広告)をメーカーが行っていたという事実が残念です

GPD WIN Max

GPD WIN Max FF14 ベンチマーク

  • 評価:快適
  • スコア:4573

GPD WIN Maxでは評価が一段階下がりますね。やっぱゲーム利用であればOneGx1 Proの方が向いていると言っていいかもしれません

OneGx1 Pro eGPU

OneGx1 Pro ベンチマーク FF14

  • 評価:非常に快適
  • スコア:12969

ソフトとeGPUの相性なのか、ゲーム側からグラフィックを設定できなかったので、OS側のグラフィック設定でeGPUを使用するようにしました。そのため画像では「Iris Xe」となっていますが実際にはGTXを使っています

ていうか、これを悪用すればiGPUのリザルトを捏造できるってことですね。発売前にメーカーが公開してた画像はまさか……(ゴクリ)

FF15ベンチマーク

絶対厳しいですが、FF15ベンチも一応やっておきましょう

設定はベンチマークのデフォルトのまま、標準画質・1920×1080、ウィンドウモードにて実行しています

OneGx1 Pro iGPU

OneGx1 Pro ベンチマーク FF15

  • 評価:動作困難
  • スコア:1779

動作困難だそうです(涙)

GPD WIN Max

GPD Win Max ベンチ ff15

  • 評価:動作困難
  • スコア:1337

これと比べるとちょっとは良くなってるんだけど、結局無理なことに変わりないってことですね

OneGx1 Pro eGPU

OneGx1 Pro ベンチマーク FF15

  • 評価:やや快適
  • スコア:5318

ミドルローエンドのグラボでもいいのでeGPUを導入すれば、設定によっては楽しむことは出来そうです

CrystalDiskMark

最後に、ストレージの速度を測定するCrystalDiskMarkを実行しますが、またまた先にお伝えしておくことがあります

私は4G LTEモデルを買ったので該当しないのですが、実はOneGx1 Proの1GBモデルを買った方はこの速度がイマイチ伸びない可能性があります

1GBモデルというのは名ばかりで、実際には512GBモデルにM.2接続の512GB SSD(2242)が増設されているだけというのが実情なのですが、この増設された方のSSDがPCIe接続のはずなのにSATA接続程度の速度しか出ないという噂があります

私は試せませんのでウソか本当か分かりませんが結構な報告がありますのでマジなんだと思われます(ロットやモデルの違いにもよるかも)。また、自分で別のM.2242 NVMe SSDを買って換装すれば解決するので心配はいらないのですが、一応その点注意して下さい

ここで測定しているスコアはあくまで、基板にハンダ付けされている正規SSDの速度になります

OneGx1 Pro ベンチマーク CrystalDiskMark

お、遅い……

いや、そりゃあHDDとかSATA接続のSSDよりは速いですけど、そろそろPCIe 4.0の速度がスタンダードになりつつあるこの時代にこの速度って……

OneGx1 Proは自社開発のSSDとなっていて、基板にハンダ付けされているので交換することも不可能となっているため嫌でもこのストレージを使うしかありません。うーん

GPD WIN Maxはこの点、OneGx1 Proよりも優秀でした

GPD Win Max ベンチ CrystalDiskMark

One-Netbook社は見た目ばかりアピールして、こういう内部的に重要な部分の性能をないがしろにする姿勢が昔からあるのがちょっと残念ですね

TDPの変更について(2月1日追記)

コメントで

TDP20Wの状態でのスコアを知りたい

と書いていただいたのでこれを追記しました

実は私、勘違いしておりまして、OneGx1 ProのデフォルトTDPは20Wだと思っていたのです。これはDiscordにそう書いてあったからなのですが、念のためBIOSを覗いてみると

15Wに設定されてる!?

ということが分かりました。日本版だけの仕様なのか分かりませんが、これではデフォルトTDPが20WのGPD WIN Maxと五分の条件とはなりませんので、取り急ぎCPUのテストとしてCINEBENCHを。GPUのテストとしてFF14を回しました。ご迷惑をおかけしてすみません

ちなみにTDPの変更方法は以下の通りです

OneGx1 Pro TDP変更

本体を起動したら「DELキー連打」でBIOSに入ります。「Main」タブの下の方に「Power Limit」がありますので、その数値を「20000」に変更することでTDPを20Wに引き上げることが可能です

ノーマルBIOSは制限がかかっているので25000とか数値を入れてもそれは意味無いそうです。この制限を突破できる制限解除版BIOSもありますが、あまり効果は無いという噂です

では結果を見ていきましょう

CINEBENCH R23(15W)

OneGx1 Pro ベンチマーク Cinebench R23

3412 pts

CINEBENCH R23(20W)

OneGx1 Pro ベンチマーク Cinebench R23

3959 ts

おお! 2割弱程性能が向上しています。ファンの音はクッソうるさいですが、それと引き換えにGPD WIN Maxを超えるスコアを出してくれました。TDPを上げることで、CPU能力は確実に向上することが分かりましたね

ではGPUの方はどうでしょうか

FF14(15W)

OneGx1 Pro ベンチマーク FF14

  • 評価:とても快適
  • スコア:5531

FF14(20W)

OneGx1 Pro ベンチマーク FF14

  • 評価:とても快適
  • スコア:6723

これまた2割ほど性能が向上しています!

体感上差があるかと言われると正直なところあまり感じられないのですが、私のようにベンチ結果だとかFPSのわずかな向上に嬉しくなれる方にとっては意義がある設定なのではないかと思いました

まとめ

ということで今回はまず、各種ベンチマークをお届けしました

予想通り、CPUの性能ではGPD WIN Maxに負けているけどGPUの性能は1.2~1.5倍程度の性能を持っている機種だということが確認できました

CPUについても「負けてる」とは言っても誤差の範囲でほとんど差は感じられませんので、あまり気にしなくて大丈夫そうというのは嬉しいところです。また、TDPを20Wに引き上げればCPU性能でもGPD WIN Maxを上回ることも可能となっています

正確に言うと、GPD WIN Maxの方はまだBIOSであと一段階TDPを上げられる状態で使ってますので、また結果は変わるかもしれません。でも普通の人はBIOSいじらないと思うのでそのまま計測させてもらいました

今回のベンチ結果については、読むのがメンドイ方のために以下に一覧表もまとめておきました

最初からこれだけでいいだろうがぃ!

と言われてしまいそうですが参考になれば幸いです

OneGx1 Pro
iGPU(Iris Xe 96)
OneGx1 Pro eGPU(GTX1060 3GB)GPD WIN Max
CPU Mark91689820
GeekBench 4シングル:6172
マルチ:19854
OpenCL:55067
シングル:5325
マルチ:16393
OpenCL:38185
GeekBench 5シングル:1398
マルチ:4435
OpenCL:16522
シングル:1202
マルチ:4129
OpenCL:4538
CineBench R201393 pts1554 pts
CineBench R233412 pts3449 pts
PCMark10Essentials:8844
Productivity:4838
Digital Contents Creation:3890
総合スコア:3943
Essentials:8533
Productivity:5182
Digital Contents Creation:3807
総合スコア:3958
Fire StrikeGraphics:4170
総合:3701
Graphics:10493
総合:9033
Graphics:2641
総合:2483
Time SpyGraphics:1203
総合:1327
Graphics:3513
総合:3486
Graphics:771
総合:874
ドラクエ10評価:すごく快適
スコア:14085
評価:すごく快適
スコア:21258
評価:すごく快適
スコア:11919
FF14評価:とても快適
スコア:5531
評価:非常に快適
スコア:12969
評価:快適
スコア:4573
FF15評価:動作困難
スコア:1779
評価:やや快適
スコア:5318
評価:動作困難
スコア:1337

GPUの性能向上に喜ぶ反面、それでもまだ力不足を感じたというのも正直なところです

ヘビー級のゲームやヘビー級の作業(動画編集・動画制作とか?)をしようと考えている人は、過度な期待はしない方がいいかもしれませんのでご注意ください

eGPU接続時とのスコアの開きを見て分かる通り、そうした用途の方は素直にdGPUの搭載されたノートPCを買う方がいいと思います

使用感等を知りたい方は以下の記事もよろしくお願いします

。外観や使用感が知りたい方は以下の記事の方をどうぞ

OneGx1 Pro 日本正規モデル 実機レビュー編
OneGx1 Pro 日本版のレビュー記事です。全体的な使用感のレビューの他、私は4G対応モデルでペン(デジタイザ)も一緒に購入していますので、4G通信についてとペンの使い心地についてもレビューしています

それではまた~

コメント

  1. Onegx1proの方は
    デフォルトのTDP15と
    噂のTDP20の性能の違いとか
    気になりますね。

    • 匿名さん

      コメントありがとうございます
      書いていただいた件についてなのですが、実はOneGx1 ProはデフォルトTDPが20Wに設定されていますので、既に限界まで頑張ってこのスコアとなってます
      Discordにはこれを更にブーストさせるための2つの方法が公開されています

      • アンロックされたBIOS(Ver 1.1)を入手してpowerlimitを25000(25W)に設定する
      • ru.efiを改変する(16進数表記なので204EをA861に変える)

      が、これをやってもパフォーマンスが向上しないと既に先人達が試していますので、残念ながら効果は見込めないようです
      そのうち試してみようとは思ってますが

      2月1日追記
      すみません。今確認したら日本版だけなのか分かりませんがpowerlimitが15Wに抑えられていました
      20Wに変更した状態でいくつか試してみましたので記事に追記します
      間違った回答をしてしまってすみませんでした