iPad mini 5 VS iPad Pro 11インチ 実機ベンチマーク比較

iPad mini 5 iPad Pro ベンチマーク 比較 Apple

見た目はそのままに劇的な性能アップを遂げたiPad mini(iPad mini 5)

ホームボタン、タッチID、白ベゼル、イヤホンジャックなど、Proでも残っていて欲しかった機能をそのまま残しつつ、Proに迫るのではないかと思えるほどパワーアップして帰ってきました

今回は第5世代iPad miniと第3世代iPad Proの両者を実機でベンチマークを計測し、その結果を公開&検証していきたいと思います

さすがにProには勝てないでしょうが、どこまで肉薄できるのか注目して下さい
また、mini5には不満点もありますので、最後の方ではそのあたりのことも触れてみたいと思います

スポンサーリンク

比較する実機のスペック

まず、実際に検証に使用する両者のスペックをまとめておきます

iPad mini 5iPad Pro 11インチ
チップ(SoC)A12 BionicA12X Bionic
メモリ3GB4GB
ストレージ256GB64GB

というモデルを使用します。どちらもセルラー版です

iPad Proの方はスペックによってストレージ速度やメモリ容量までもが変わってきますが、今回検証に使うのは最廉価版ですね

対してiPad miniの方は最上級版ということになります

 

この両者で実際にベンチをとってみたのが以下の動画になります

ベンチ中の挙動を全てお伝えできるようノーカットでお届けしておりますので、退屈な場合は映像中の案内を参考に早送りしてみて下さい

iPad mini 5 VS iPad Pro 11inch 実機ベンチマーク比較 Benchmark

PerformanceTest Mobile比較

最初に行ったのがPerformanceTest Mobileによる確認とベンチマークです

動画を見ていただいた方は確認済みかもしれませんが、以下のような結果になりました

iPad mini 5iPad Pro 11インチ
CPUスコア467367743779
メモリスコア3150903332042298
ストレージRead1678MB/s1663MB/s
ストレージWrite661MB/s392MB/s
GPU 2Dスコア1648715910
GPU 3Dスコア11871186

まず注目すべきはCPUスコアです

iPad miniに比べてiPad Proの方が1.6倍程度優れていることが分かります
詳細なスコアの内訳は動画で確認できますが、ほぼ全ての項目で1.6倍程度の開きがありました

メモリは差がないので、どちらも同性能(DDR4かな?)であることが分かりますが、その下のストレージ性能は差が出ている部分になります

ストレージ容量が多いモデルほどSSDの書き込み速度が高速になるのですが、これはiPadの伝統であると同時に、SSDの仕組み上仕方がない部分でもあります…

iPad miniの256GBモデルの方がiPad Proの64GBモデルより高速なSSDであることがハッキリしました

速度を見る限りどちらもNVMeタイプのSSDが使われていることも併せて確認できましたね

 

続いてグラフィックスコアを見て欲しいのですが、なんとこのベンチではminiの方がProを上回るスコアを出しています

しかし「miniはProに勝ってるんだ♪」と慌ててはいけません

iPad mini 5 iPad Pro ベンチマーク 比較

動画を見ていただくと分かるのですが、miniもProもどちらも60FPSでカンストしていることが見て取れます

ということはこの結果は、このベンチマークソフトが計測できる限界値であり、両者とも最高スコアをたたき出したが故のスコアであるということが考えられます
どちらのスコアもカンスト値であり、miniの方がわずかにスコアが高いのは誤差の範疇なのだと判断できるのですね。残念……

なお、動画中で解説した通り、iPad mini 5はiPad Pro 10.5インチよりはGPU性能が優れているということは確認できました

ということでより正確な結果を求め、次のベンチマークを行っていきましょう

Antutuベンチマーク

モバイルデバイスのベンチマークソフトとして名高いAntutuベンチマークを行っていきます
こちらもまずは結果を見てみましょう

iPad mini 5iPad Pro 11インチ
総合スコア393694553327
CPUスコア137675160841
GPUスコア174322312389
UXスコア6718167597
メモリスコア1451612500

このような結果となりました

まず何よりも驚くべきはiPad mini 5の総合スコアの高さです

約40万ポイントという好成績を残してくれたのは嬉しい誤算
現状、8インチAndroidタブレットの最高スコアは18万程度ですが(Huawei Media Pad 5)、比較するまでもなく圧倒的に凌駕しています

それどころか、Androidの現行最高性能SocであるSnapdragon855のスコアが37万ですので、万一今後スナドラ855搭載の8インチタブが出たとしてもiPad miniに勝てないということになります

Appleの技術力、恐るべし…

ipad mini 5 antutu

 

iPad miniは全てのAndroid端末を凌駕する驚くべき性能なわけですが、それでもiPad Proにだけは負けているということが結果から分かります

iPad Proの性能の高さにも改めて驚かされますね

 

先ほどのPerformanceTestではカンストしてしまい計測できませんでしたが、iPad mini5のGPU性能はProの6割程度だということがAntutuベンチによって分かりました

動画を見ていただくと、フレームレートが少し劣っており、わずかに遅延があることが確認できます

CPU性能の方は、Antutuでの計測においても、miniよりProの方が高性能という結果になっていますが、その性能差は1.2倍程度であると測定されています

UX(ユーザーエクスペリエンス)スコアとメモリスコアはほぼ同等で、どちらもヌルヌルです

3DMark Ice Storm Unlimited

それでは最後に3DMarkのベンチ測定を行ってみます

iPad mini 5 ice storm

こちらはPCにも同じベンチマークが存在するため、ノートPCなんかとの性能差を測るのに都合が良いベンチマークとなっています

例によって結果から掲載しますとこんな感じになりました

iPad mini 5iPad Pro 11インチ
総合スコア69420104298
Graphicsスコア124204196741
Physicsスコア2729039439

こちらのベンチは特にGPUの測定に定評がありますので、Graphicsスコアを中心に見ていくと良いのですが、miniの方はProの6割程度のグラフィック性能であることが分かりました

Antutuが割り出した性能差と同じですので、それなりに正確性のある数値なのだと思います

この約12万という値は予想していたよりも少し低く、やや残念であると感じます
A12チップはIris PlusぐらいのGPU性能があると思っていたのですが、このスコアはIntel UHD630 Graphicsぐらいの性能です

iPad mini5のグラフィック性能はintelのiGPUと同程度の性能なのかと思うと、正直ちょっと期待外れだったかなぁ……

まとめると

以上のように、iPad miniは8インチ級のタブレットとしては驚異の性能を持っていることが分かりました

これでApple Pencilにも対応しているわけですから、ゲームにクリエイションにライトユースにと、あらゆる場面でストレスなく使っていくことが可能です

実際に動画編集・画像編集アプリも使用してみましたが、重い作業をさせない限りはiPad Pro第2世代と同じくサクサク使っていくことができました

しかしながら残念な点もありますので、最後にそこだけ触れて記事を締めたいと思います

iPad miniの残念な点

1.スピーカーが2つで、本体の下部に配置

前モデルから変更のない点ですが、この配置のせいで画面を横にして動画を観ようとすると音が片側からしか聴こえません。バランスが悪く不満です

 

2.インカメラがTrueDepthではない

搭載しているカメラは普通のカメラで、IRビームを発するTrueDepthカメラではありません。そのため顔認証が出来ないのですがそれはどうでもいいとして、アニ文字やMii文字を使えないのが残念で

使わない人にはどうでもいいかもしれませんが、私にとっては大きな不満でした

 

3.True Toneを謳ってはいるがProのそれとは性能が異なる

同じTrue ToneディスプレイでもiPad Proのディスプレイと比べると色味がいまひとつに感じます

True Toneというのは正確な色の再現を謳ったディスプレイですので、画面の鮮やかさを図る指標にするのはちょっと違うのですが、カタログスペックの「True ToneディスプレイでP3色域をカバー」というのを見てProと同じレベルの液晶を期待してしまっていただけに、ちょっと残念でした

 

と色々書きましたが、値段の安さも考えるとこの性能でこの価格というのは超コスパが高いと思いますので、自信を持っておススメできるタブレットだと思います

スポンサーリンク

コメント

  1. […] 画像元 […]