iPadやiPhoneで好きなフォントをインストールして使う方法 無料編(RightFont)

iPhone iPad フォント 追加Apple

今回はiPadやiPhoneに好きなフォントをインストールする方法を紹介します

好きなフォントをインストールする意義は「愛着が湧く」ということだけではなく、例えばデザイナーの方などタイポグラフィも扱いやすくなりますよね

端末にインストールする方法とアプリに追加する方法がありますので、用途に応じて使い分けていけると良いと思いますよ

スポンサーリンク

なぜiOS端末にフォントを追加するのか?

これまでも何度かお伝えしてきた通り、iPadの性能が一般的なノートPCを軽く超え、出先で使うメインマシンとしては最高クラスの性能を持つようになりました

こうなってくるとiPadを最高のモバイルマシンとして利用したいと思うのは当然のことと思います。
が、どうしてもPCのように扱えないのも事実です

 

以前に【連載第1回】iPadを最高のモバイルPCにする マウスもキーボードも! という記事を書き、PCの各種ソフトの代替アプリをご紹介しました

この連載の中では、大部分は代用もできるがAfter Effectsのようなソフトだけは代用がきかず厳しいという結論となり、リモートデスクトップを薦める方向となりました

でも、できるだけiPadで作業が完結するようにしたいですよね

 

After Effects以外のソフト(アプリ)に目を向けて見ましょう

画像編集したりイラストを描くためのPhotoshop、デザインするためのIllustrator、動画編集のためのPremiereについては代替になるアプリがあるわけですので、代替アプリをしっかりと活用していければ、作業をiPhoneやiPadだけで完結させることも夢ではないということになります

 

でもその前に、どうしても必要になる作業があります。それが

フォントをインストールしてデザインの幅を広げておくこと

です

システムに予め備わっているフォントだけでデザインを行っていくことはできません
いや、できなくは無いんですが、デザイナーとしてそれどうなの? ってことになってしまいます

どうしてもサードパーティ製のフォントを扱う必要が出てくるわけなんですが、果たしてiPhoneやiPadでサードパーティのフォントを使えるのでしょうか……?

安心して下さい

iPhoneやiPadでも手順は面倒くさいけどフォントをインストールすることが可能となっています

 

今回は各種アプリを扱うための下準備として、iPadに好きなフォントをインストールする方法
それも「無料」で出来る方法を解説したいと思います

iPadに無料でフォントを追加するアプリ「RightFont」

ネットを見ているとiPadにフォントを追加する方法を書かれているサイトがいくつかありますが、そのどれもが有料アプリの解説になっています

確かに使いやすいですし実際私も有料アプリを使っていますが、本来の私のモットーは「下げられるコストは下げる」、「無料で出来ることは無料でやる」です(笑)

なので今回は無料の方法を中心に解説したいと思います

 

無料でiPadにフォントを追加できるアプリはこちらの

RightFontというアプリになります。ちなみに有料でよく紹介されているアプリはこちら

AnyFontというアプリです

両者の機能を比較するとこんな感じ

RightFontAnyFont
値段無料240円
対応ファイル形式OTF、TTF、TTCOTF、TTF、TTC、zip
日本語対応無し有り(怪しい日本語)

どちらも全てのフォント形式に対応しています

加えてAnyFontの方はzip形式にも対応しており、このおかげでiPad単体でフォントを簡単にインストールすることが可能となっています

 

RightFontを使う場合は一度zipを解凍してあげる必要がありますので、PCが必要になる点が煩雑と言えば煩雑です
もしフォントファイル(ttfやotf)を直接配布しているサイトがあれば、RightFont単体でもフォントのインストールは可能です

操作性はどちらもほとんど同じになっています

RighFontの使い方

それでは具体的なRightFontの使い方を解説していきたいと思います

PCでの設定・操作

まずはPCで自分の使いたいフォントファイルを用意します
ネットから探してもいいですし、既に持っているのであればそれをそのまま使うことも可能です

先ほど言ったように、ダウンロードしたフォントファイルはほとんど全て圧縮されていると思いますので、PCで解凍しておいて下さい

今回は例として、こちらのANURATIというフォントをインストールしてみたいと思います

ipad rightfont 使い方

フォントが用意出来たら、iPadとPCを接続します
ここで必要になるのが、iPadのファイルを管理できるファイル管理ソフトです

 

iTunesは書類の共有が可能ですが、内部のフォルダまではアクセスできないことも多く、RightFontも残念ながらアクセスすることが出来ません

ipad rightfont 使い方

そこで別のファイル管理ソフトを使ってiPadのフォルダ内部まで気軽にアクセスできるようにします

使うソフトは何でもOKですが、有名なのはiFunboxiToolsでしょうか

たまに「接続しても認識しない! 使えない!」という意見を目にすることがありますが、何度か接続したり外したりを繰り返すとちゃんと使えますので安心して下さい
もちろんどちらのソフトも無料で使えます

 

ここではiFunboxを用いたやり方を解説しますが、ファイル移動をするだけなのでどのソフトを使ってもやることは同じです

ipad rightfont 使い方

iFunboxを起動したら、上部タブから「デバイス」を選択
左のリストから「アプリ」を選んでアプリ一覧を表示します
一覧の中から「RightFont」を探して「フォルダアイコン」をクリックして内部へアクセスします

ipad rightfont 使い方

上図のようにポップアップウインドウが開きます
※初めて使う場合は「config」フォルダは存在しないかもしれません

ImportedFont」フォルダを開いて下さい

ipad rightfont 使い方

開いたフォルダの中にフォントファイルをドラッグアンドドロップで放り込みます

 

PCで行う作業は以上になります

これがめんどくさいという人は、有料になってしまいますがzipファイルをブラウザ経由で直接アプリに放り込めるAnyFontを使うのが良いでしょう

iPadでの「RightFont」アプリの操作

続いてiPad側で行う作業を解説します

まずRightFontを起動して下さい(RightFontを起動してしまっていた場合は一度終了させてから再度起動して下さい)

ipad rightfont 使い方

アプリ下部の「My Fonts」をタップします

ipad rightfont 使い方

先ほど放り込んだフォント(ANURATI)が表示されていますので「Install」をタップします

ipad rightfont 使い方

自動的にsafariが立ち上がって警告を発してきます
警告の内容は「構成プロファイルにアクセスしようとしてるけど平気かい?」というものです

これは『フォントをインストールする』という、端末の構成を変更する上で表示される警告なので心配する必要はありません。AnyFontでも全く同じ警告が出ます

このブラウザはローカル(オフライン)で立ち上がっており、どこかよそにネット接続しているわけでもありませんので安心して下さい

許可」をタップします

ipad rightfont 使い方

プロファイルのインストール画面が出ます。「インストール」をタップします

ipad rightfont 使い方

パスコード入力を求められますので、自分のパスコードを入力して下さい

ipad rightfont 使い方

また確認画面が出ます
野良フォントなので「署名が無いけど平気かい?」ということを尋ねられています。問題無いので「インストール」をタップします

ipad rightfont 使い方

くどいぐらいに確認が出ます(笑)
ここでも「インストール」をタップします

ipad rightfont 使い方

インストールは一瞬で終わります
終了すると上図のような画面になりますので「完了」をタップして終了です

なるべく画像を多用して分かりやすくしたつもりですが、それでも「よく分からん」という人は動画も用意しましたので以下をご覧ください

RightFontでiPadに好きなフォントを無料でインストール

 

では早速、フォントが正しくインストールできているか試してみましょう

今回はデフォルトアプリの「Pages」で試してみました

ipad rightfont 使い方

ご覧のようにきちんとフォント一覧に表示され何の問題も無く使用することが出来ました

動画編集やイラストソフトでも全く問題なく使えますので(システムフォントなので当然ですが)これで好きなフォントをデザインに使っていくことができます

スポンサーリンク

まとめと注意点

ということで、無料のフォント追加アプリ「RighFont」で何ら問題なくフォントを追加できることがお分かりいただけたかと思います

AnyFont」はzipを扱えるという点においてのみ優位性がありますが、実はAnyFontのzip取り込み機能は、日本語フォントや容量の大きなフォントだとうまく読み込まないことがあります

そうした時には結局RightFontを使うことになるので、はじめからこちらのアプリを使う方が良いのではないかと思いますよ

 

他にも例えば「Affinity Photo」のように、アプリそのものがフォントのインストール機能を持っているものがありますので、そうした特定のアプリでしか使わないフォントはむやみやたらとシステムにインストールせず、アプリ内インストールにしておいた方がいいと思います

フォントをインストールできる画像編集アプリならならこちらのAffinity Photoが

Affinity Photo(iPad版)の使い方 Photoshop使いが徹底解説します
高機能な画像編集アプリAffinity Photoについて、Photoshop使いである筆者が両者の比較を交えながら初めての方でも分かるよう丁寧に解説を行っていきます。各機能の解説へダイレクトにリンクしていますので、目的の解説が探しやすいです

フォントをインストールできる動画編集アプリならこちらのLumaFusionが

iPadでPremiere ProやFinal Cut Pro X並みの本格動画編集をする
iPadでPremiere ProやFinal Cut Pro X、Davinci Resolve並みの本格動画編集をするための記事です。iOSアプリのLumaFusionの使い方を動画も交えて徹底的に解説していきます

それぞれおススメです

本当はnexusfontのようなフォント管理アプリが出てくれれば最高なんですけどね……

 

最後になりますが注意点をあげておきたいと思います

  • フォントファイル名は絶対にアルファベット! 2バイト文字は厳禁
  • インストールが上手くいかないときは「RightFont」及び「Safari」を完全終了&再起動
  • フォントの利用条件を守って正しく使いましょう

以上です。iPadだけで仕事が出来る日を夢見て、これからも様々なノウハウを公開していきたいと思います

【6月4日追記】

iOSのアップデートによって登場するiPad OSにて、正式にiPadの機能としてフォントの追加が可能になります。詳しくはこちらをご参考に

iPad OS登場 暫定的ながらマウスも対応へ WWDCで判明した詳細
WWDC2019で発表されたiPad専用のOSであるiPad OS。この記事ではiPad OSの全機能の解説と、その中でも特に注目すべき部分をポイントを押さえて解説しています。まだ不十分なところもありますが、いよいよPCを置き換えるという目標も現実味を帯びてきました!

コメント

  1. とても分かりやすく、参考になりました。ありがとうございます。

    私の場合、iPhoneに「IPAmj明朝 (Ver.006.01)」をインストールをパソコンを使わずにできました。私の場合、フォントのIPAさんのサイトにiPhoneで行き、iPhone上で直接Zipファイルをダウンロードしました。すると、RightFontの「+」で選択でき、「My Fonts」に追加できました。Safariと設定を4度ほど再起動して、やっと、プロファイルをインストールできました。

    • SM-SYaKoさん

      コメントありがとうございます
      お役に立てたなら良かったです。ZIPに対応しているというのはありがたいですね
      RightFontは、上の方のコメントで出ている他のアプリとは違ってネット上のあらゆるフォントをインストールできるのが強みですね

      よいフォントライフを♪